株ってお金持ちがやるものだと思ってた!

現物取引であれば1万円で買える株が結構ある

株の取引はある程度資金がないとできないと考えている人が多いですが、実際はそのようなことはありません。もちろん、有名な会社の株を千株や一万株買う場合は数十万円から数百万円の現金が必要になることもありますが、一万円程度で買える株も結構あるのです。また、誰でも知っているような銀行や大手の会社であっても、一株100円程度のところも多く、千株買うとしても10万円ぐらいで済みます。
こういった安い株は、会社の経営に問題があるなどの理由で価値が低迷しているわけですが、たとえば、経営が安定している別の大手会社と経営統合したり、あるいは特許を持っている製品の需要が大きくなると、一気に価値が上がることもあり、少ない元手で大きな利益を狙うことができます

信用取引をするなら最低でも30万円程度の資金が必要

では、株の信用取引にはお金がかかるのでしょうか。現物取引の場合、店で商品を買うように、現金で直接株券を購入する形になるのでお金の貸し借りは発生せず、それゆえに取引するにあたって審査は必要ありません。しかし、信用取引の場合、空売り時に証券会社から株を借りたり、あるいはレバレッジによって資金より大きな額を運用することができるので、審査が必要になります。この審査でもっとも重要なのが自己資金の額なので、現物取引のように、1円の株を1000株だけ買うから1000円しか持っていないというのは通用しません。
どれぐらい資金があれば審査で通してくれるのか、証券会社によってかなり違ってきますが、最低でも30万円程度は持っておいた方がいいでしょう。

© Copyright Credit Card Forum. All Rights Reserved.