信用取引って、普通の株式取引と何が違うの?

レバレッジ効果がある

信用取引は自分が持ってる資金や株式を担保に証券会社から資金や株を借りて取引する仕組みです。
普通の株式取引との大きな違いは手持ちの資金以上の金額で取引ができることです。普通の株式取引では手持ちの資金内でしか取引できませんよね。つまり100万円持っていれば100万円までしか投資できない訳です。でも信用取引の場合、担保に入れたお金の約三倍で取引できるんです。100万円を担保に入れれば約300万円まで取引に回せるので大きな利益を狙える可能性があります。このように担保の数倍の金額で取引できることをレバレッジ効果と言います。レバレッジとはてこという意味で、てこが少ない力で大きな物を動かすように、信用取引も少ない金額で大きな利益を狙うことが可能です。

下げ相場でも利益が狙える空売り

普通の株式取引では株価が低い時に買って、値上がりしたら売りに出し、その差額を利益とします。ただ、この方法では株価が上がっている局面でないと利益が出せませんよね。
一方、信用取引では株価が下がっている相場でも利益が狙える空売りという方法が可能です。空売りでは普通の取引とは逆で、株価が高い時に売って、下がったら買い戻して差額を利益にします。最初に売る株はどこから持ってくるのか気になりますよね。これは証券会社から借りるんです。例えば1000円の株を1000株借りて売ったとします。株価が900円まで下がった所で買い戻して証券会社に株を返却します。売った金額は100万円で買い戻しの費用は90万円なので10万円の利益が出る訳です。

© Copyright Credit Card Forum. All Rights Reserved.