信用取引を始めるなら知っておかなければならないこと

信用取引には独特のコストがかかる

取引規模の拡大や空売りが行える信用取引は、株の売買において有用性がある取引手法として人気があります。しかし、現物取引とは違う独自の仕組みを持っているため、それを知らずに始めてしまうと、無用な損失を生んでしまうことにも繋がりかねません。
信用取引を始めるに当たって注意しておくべきは、その運用には現物取引では見られない独特のコストがかかるという点です。信用取引では資金や株を借りるため、その借用期間に応じて金利がかかります。株価が動かないことからついつい塩漬けにして日数が経ってしまうと、それだけで多額の金利を払わなければいけなくなってしまいます。信用取引を行うに当たっては、金利の支払いを抑えるために、足が速い決済を心がける必要があります。

信用取引でやってはならないこと

現物取引ではあまり問題が無い一方で、信用取引になると絶対にやってはいけないことが一つあります。それは裁量トレードです。
現物取引も信用取引も株の売買で利益を出すという本質的な構造は同じですが、信用取引は現物取引以上に損失が拡大しやすく、損失が出ることによって追証などの様々な事態が惹起するため、明確な売買の根拠を示しにくい裁量トレードでは損失を調整することは難しいのです。少なくとも現物取引と同じような感覚で信用取引に臨むと、ほぼ間違いなく損失しか生まれません。
信用取引を始めるに当たっては、明確なデータ上の根拠に基づいて、利益が出る確度が1%でも高い取引手法を用意しておくことが重要です。信用取引とは、そのような手法が必要な取引であるということをまず知っておくようにしましょう。

© Copyright Credit Card Forum. All Rights Reserved.